ブログ

タチウオ|釣魚図鑑

4cf48e48

 tatiuo3tatiuo13
最近ジギングのターゲットとして注目の魚です。太刀魚の名前の通りサーベルのような銀色の細長い体と、鋭い歯をもった獰猛な面構えで、誰が見てもタチウオと解ります。
細長く重量が無いのでファイト自体ははっきり言って大した事はありません。ところが最近各メーカーから専用ロッドが開発、販売されるにいたりにわかに様相が変わってきました。
「引かない魚ならタックルをライトにすれば良い」てな感じです。
ぶっとい竿で100kgの魚を釣るのも、細い竿で小さな魚を釣るのも、楽しさは同義です。しかもこの魚大抵は大きな群れでいて、鋭い歯を生かして捕食が非常に上手いため、驚くほどの連続ヒットを味わえたりします。
そして食味が良い。うろこも無く妙なぬめりも無い。皮が薄く内臓が少ない。当然料理もしやすい。
新鮮なタチウオを薄切りの刺身にして、ポン酢で食べる味は絶品です。焼いても美味いし腹子も上々。釣った魚を自分で料理して食べてみたい人には、タチウオは願ってもないターゲットでしょう。
この魚は大きさを示す表現として「指、何本」という表現をよく使います。即ち、体高の高さを指の幅で表すんですな。
指、五本以上なら申し分ない魚体です。長さは1mを軽く超えるでしょう。七本クラスはトロフィーサイズで「ドラゴン級」なんて呼ばれます。細身の魚なんで長さよりも幅が大事なんです。
指、二本くらいのはベルトサイズとか言われてますね。
このサイズを釣り上げると何故か仲間に嘲笑されてしまいます。
性格的にも獰猛なようで、港湾の灯りの下で共食いするシーンを目撃したりします。太刀魚だけに争いが好きなようです。

TOPICS 最新記事

  1. 3e591e83-s
    2011年11月12日にJ.I.G.協力の丹後ジギング&根魚講習会が開催されました今回はビクトリー2...
  2. a57db678-s
    去る10月10日今回、講習会にあたって協力頂いた船宿さんはジギングフェスティバル等J...
  3. sato-300
    いよいよ開催が迫って参りました10月10日(月)の丹後講習会ですがJ.I.G.のスタッフ追加参加決定...

ARCHIVE

ページ上部へ戻る