ブログ

シイラ|釣魚図鑑

デコッパチ!なんて呼び名があります。
細長い魚が何処かで壁にぶつかって、形が変わったようないびつな体形。
トップウォーターはおろか空中のトビウオまで捕食する貪欲さ。
近海でも軽く15kgを超え、メーターはるかに超す巨体。そのくせ表層を悠々と回遊する不敵さ。
この変てこな魚はある意味、異端児なのかもしれません。

siira2

海外では、特にハワイ辺りでは『マヒマヒ』という名で高級食材とされてますが、はっきり言って日本人の口には合わないみたいです。
このため、あまり乱獲されず日本近海で見かける機会は多いです。
日本海但馬方面では粕漬けにされたりしますが、これも加工品の材料という感じでしょう。見た目もあんまり美味そうじゃないですしね。
しかしこの魚。ルアーに対する反応が非常に良い。
ターゲットとしては面白いんですな。みなさんご存知の通り。
水温が上がってくると何処からともなく群れで現れ、流れ物(漂流物)に着いたり、潮目にそって回遊したりします。
底の方に居る魚に比べたら、海面を見るだけで居場所の想像がつくというのは嬉しい事です。釣具屋さんで『シイラを釣りたい』なんていうと、必ずトップウォータープラグを薦められます。
これは捕食の瞬間が良く見えるという理由からでしょう。
しかしこの魚はあらゆるルアーで釣れますから、特別こだわりが無ければ色々試して見ましょう。ファイトは飛んだり、跳ねたり、怪力を発揮したりで興奮ものです。取り込んだ後もフックをつけたままかなり暴れますから、事故の無いように注意が必要です。
ちなみに歪な面構えの『デコッパチ』はオスで、メスのほうは全体的に多少丸みがありスマートです。
しかしあまり可愛くは無いですね~。やっぱ。

TOPICS 最新記事

  1. 3e591e83-s
    2011年11月12日にJ.I.G.協力の丹後ジギング&根魚講習会が開催されました今回はビクトリー2...
  2. a57db678-s
    去る10月10日今回、講習会にあたって協力頂いた船宿さんはジギングフェスティバル等J...
  3. sato-300
    いよいよ開催が迫って参りました10月10日(月)の丹後講習会ですがJ.I.G.のスタッフ追加参加決定...

ARCHIVE

ページ上部へ戻る